先陣を切って中学生のレースが始まりました。

マイナス10度を超す中での大会、ここで二本滑り切る身体と精神が養われていることに、これまでのトレーニングの意義を感じます。

学年分けのない中学生の大会、チームインターアルペンの選手は健闘しました。
高橋秀彰 19位
利部正輝 21位

コーチ曰く、まだまだ力はあるとのことです。
次回、発揮して下さいね。

<コーチ評>
中学生として、スタートまでのインスペクションとアップの時間の配分が上手くできる様になれば、まだまだ成績も上がると思います。

急斜面トレーニングが始まって間がないですが、みんな良い滑りをしています。
image1-31
image1-33
image2-20
image1-34
image2-16
image2-17
image2
image1-28
image1-30
image1
お天気も良く最高ですね!
もう一降り、ふた降りと言った所でしょうか?

中学生諸君!
県中体ガンバレ!
目指せ東北!
目指せ全中!

image1-27
雪上サッカー
お昼休みには、沢山の遊びの中で身体作りしています。
スキー以外の運動を通して総合力を付けています。

昨夜も少し雪が積もりました。

みんな一緒に楽しいお昼です。
image2-15
 スキーの楽しさが元気な笑顔に現れています。
スキーヤーは、やっぱ滑らないと!

image3-4
中学生のお兄さん達が、小学生を引っ張ってくれています。
頼もしいです!


image1-23
2017年、ホームゲレンデでのトレーニングが始まりました。
しっかり基礎を積んで、遅れを取り戻します。

image2-12
image1-22
image2-14
image2-11
image3

宿舎では,ワックスの講習です。
image1-25

まだまだ雪は少なめですが、頑張ります!

↑このページのトップヘ